バイデン 国務 長官。 バイデン政権の国務長官「トランプ政権の対中路線に同意」

バイデン、国務長官にブリンケン氏、安全保障担当補佐官にサリバン氏起用、「オバマ時代に戻る」を主要メッセージ。異なるのは中国には強硬の姿勢。バイデン氏は大統領選最終討論会で金正恩、習近平、プーティンを「thugs(「凶暴な人物、特に犯罪者」と表現:孫崎享のつぶやき:孫崎享チャンネル(孫崎享)

長官 バイデン 国務

🚀 さらにを結ぶ5か国で外相共同声明を出し、衛星写真や中国政府作成の文書、目撃者の証言など、ウイグルで人権侵害が行われていることを裏付ける「圧倒的な証拠」があることを指摘し、中国政府に対して拘束したウイグル族などの解放、および国連による現地調査を認めることを要求した。 2016年1月に北朝鮮がを行ったことに対する経済制裁の策定に関与した。 Amtrakは、ハンター・バイデンがかつてその取締役に就任していた会社である。

20
今すでにその気配が見られます。

バイデン氏が政権担当時の米国務長官指名したブリンケン氏、「北朝鮮制裁解除は核廃棄が先決」主張 : 東亜日報

長官 バイデン 国務

😒 2008年12月1日 バラク・オバマ次期大統領がヒラリー・クリントン上院議員を次期アメリカ合衆国国務長官に正式指名。 2008年11月21日 ヒラリー・クリントン上院議員が次期国務長官就任を受諾。 オバマはバイデンと一緒になってウクライナクーデターを工作し、ウクライナを保護領化(日本みたいに囲い込むこと)し、ロシアに経済制裁を加えて、ロシア経済を破綻させようと試みたのですが、うまく行かず、それだけでなく、世界の大富豪が危惧するロシア、中国の同盟を成立させていたのです。

15
日本語. ワシントン=イ・ジョンウン特派員 lightee donga. BonaFidrをフォロー• ブリンケンは会談の中で同盟国や友好国の懸念も伝えたと明かしており、沖への中国公船侵入にも言及したとみられる。

バイデンが指名した「女性初の国家情報長官」アブリル・ヘインズの経歴がユニーク過ぎる

長官 バイデン 国務

✊ 唐氏はブリンケン氏の対中路線は利益の視点から反中同盟の構築を目指していると述べます。

18
ブリンケン氏は今年9月、米CBS放送とのインタビューで、世界での米国の役割を「リーダーシップ、協力、民主主義」と規定した。

「外交は抑止力によって補完される」米国務長官はリベラル介入主義者ブリンケン氏 対中政策どう変わる(木村正人)

長官 バイデン 国務

🤔 《アントニーブリンケン画像》 — 岩川文門 fumikado55 ブリンケン氏は外交問題において長年にわたりバイデン氏に助言を行い、既に信頼関係が構築されています。 特にプーチンに甘すぎると批判し、「ロシアによる米大統領選への介入疑惑について、アメリカの諜報機関よりもプーチンの言葉を重んじた。 にオバマ大統領は彼をの後任のに指名した この人事は12月16日に上院において55対38で承認された。

17
侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• 中国によるでの人権侵害に対して対抗措置を講じなければ、中国共産党は他の場所でもこれまで以上の野心的な活動を展開しかねないと警鐘を鳴らす。 今日ではの次官級の役職にある者がこの代理務めることが多いが、かつては他の省庁の長官や最高裁判所長官などがこれを兼任することもあった。

バイデンが指名した「女性初の国家情報長官」アブリル・ヘインズの経歴がユニーク過ぎる

長官 バイデン 国務

✔ ABlinken -• 父親のドナルド氏(1925~97)はビル・クリントン政権で駐ハンガリー大使、伯父のアラン氏(83)もクリントン政権で駐ベルギー大使を務めた外交官一家だ。 高校を卒業した後、肉体的にも精神的にも疲弊していたヘインズは、1年間進学を延期して日本を訪れる。

19
バラク・オバマ大統領(当時)の大統領副補佐官(国家安全保障担当)、オバマ大統領の1期目はバイデン副大統領の国家安全保障担当補佐官を歴任。

バイデン政権の国務長官に承認されたトニー・ブリンケンもハンター・バイデンのラップトップから見つかったeメールに登場——バイデンがチャイナから数千万ドルを受け取ったプロジェクトを管理

長官 バイデン 国務

😅 3月18日にアラスカで中国外交を統括する中国共産党中央政治局委員の楊潔篪と中国外相のとの初の米中外交トップ会談に及んだ。

異なる「安全保障」への考え 興味深いのは、固い絆で結ばれた2人の安全保障に関する考えが必ずしも一致していないという点だ。

新国務長官はバイデン氏の何”?”【ニュース検定】池上彰

長官 バイデン 国務

💓 2月に期限が切れる米ロの(新START)については、延長を目指す考えを示した。

1
会談は冒頭から激しい応酬になり、「新冷戦」が始まったことを象徴する会談となった。