アルカディア ス デッキ。 構築済みデッキ「聖霊王降臨(アルカディアスス)」おすすめ度・強さ

【デュエプレ】AllDivision最強デッキランキング

デッキ アルカディア ス

✋ 速攻相手にはサリエス・エストールを• 2021-07-15 13:04:00• 〈バースト・ショット〉を採用し、〈アクア・ハルカス〉ではなく〈キング・ポセイドン〉を採用。 エタガ、アガピなどで耐える。

9

【デュエプレ】第3弾環境の精霊王アルカディアスデッキ!ドロマー風味が使用感抜群

デッキ アルカディア ス

🐾 《聖霊王アルカディアス》が当たったアナタ、【トリーヴァアルカディアス】でランクマッチを走り抜けてみてはいかがでしょうか? デュエマ担当のガチまとめ編集者。 怒流牙忍法帖の内容、価格、収録枚数 メーカー希望小売価格:3300円(税抜) 発売日:2017年8月11日(金) カード40枚入り ラバーマット1枚 デュエリストの手によって紡がれた奇跡の邂逅が、クロニクル・レガシー・デッキとして現世に招来!強力な手札補充とニンジャ・ストライクの組合せで人気を博した「シノビドルゲーザ」が現代のデュエマに一迅の旋風を巻き起こす! 厳選された秘伝の40枚に、語られざる英雄《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》が描かれた特製ラバーマット付き!影から世界を支えていた強者達の実力が今、明らかとなる! 風雲! このデッキも除去コントロールに良く戦える。

8
ライバル系クリーチャーと一緒になったのは昔でいうシデン・ギャラクシーやボルシャック・ウルフェウスなどあるのであるとすれば「サッヴァーク・モモキング」的なものだろうなーと考えていたんです。

聖霊王アルカディアス (せいれいおうあるかでぃあす)とは【ピクシブ百科事典】

デッキ アルカディア ス

😆 コントロール系にはアルカディアスの早期召喚を狙う などの動きが出来ればベストです。 シールドを破壊するクリーチャーを多く採用出来るかも注目点になります。

好きなデッキは【青魔導具】。

【デュエプレ】AllDivision最強デッキランキング

デッキ アルカディア ス

⌚ 〈二角の超人〉の齎らすアドバンテージは絶大。

リンクすることで攻守ともにスキのない大型クリーチャーとなり、またリンクせずとも高い性能を誇って多くの場面でこのカードに救われました。 このデッキは4コストのカードが多いため 《フェアリー・ライフ》は特に撃ちたい1枚です。

【デュエプレ】ランクマ初日でマスター到達!4Cキングアルカディアスを解説【全文無料】|Tuadhobby’blog|note

デッキ アルカディア ス

✇ 強いし。

6
エレガント・ランプとどっちも持っていたらこちらは打点にならず火炎流星弾にやられてしまうためエレガント・ランプ優先。 相手が何のデッキかを理解できていないと有効なカードをマナに置いて負けてしまったりします。

【デュエプレ】ランクマ初日でマスター到達!4Cキングアルカディアスを解説【全文無料】|Tuadhobby’blog|note

デッキ アルカディア ス

👏 大会入賞したデッキレシピはクラウゼ・バリキューラが採用されている。 また、本日より15日まで家を空けるので、その間に電源が完全に壊れた場合は修理までサーバが落ちるかもしれません。 むしろ相手のデッキにアクアサーファーが入っていない(例:ドラゴン、速攻など)と当たることも多いので、アルカディアスは以前よりも結構ささることもあります。

12
TCGで禁止にされたカードがナーフされて復活したためあの頃の極悪ロックができる!って感じでワクワクしたためデッキの核に据えました 歳がバレそうw。

【デュエプレ】トリーヴァアルカディアスデッキのレシピと回し方

デッキ アルカディア ス

🤗 5色揃ってなくてもミラクルで落ちることを狙うために、デッキの色の枚数は把握しておくと期待値が想定しやすくなります。 概要 初登場は拡張パック第4弾「闇騎士団の逆襲(チャレンジ・オブ・ブラックシャドウ)」。

16
ドル ボラン:6000以下破壊+6001以上バウンス• 問題は光呪文が貫通してしまう事。

【デュエプレ】第3弾環境の精霊王アルカディアスデッキ!ドロマー風味が使用感抜群

デッキ アルカディア ス

☢ 以上、第3弾環境のアルカディアスデッキ紹介でした。

出すのがウルコスだけなので3枚の採用。 理想的な展開をしている時は無類の強さであるが、色バランスの都合上出来ないことも多い。

アルカディアスカップ環境デッキまとめ|missa|note

デッキ アルカディア ス

☝ メンデルスゾーンからボルシャック・モモキングの様に繋げられるのを今回もそのまま継続して使えるのがポイント。

6
アストラル・リーフ このデッキの切り札。 「今までにない、デュエマの新たなエンターテイメント文化を創りたい」 という想いで、テレビ局のADから転職しガチまとめ編集者となった。