ロジクール g512。 [レビュー]FF14の為にG512キーボードを購入したら最高だった。

3種の軸から選べるメカニカルゲーミングキーボードロジクール『G512』│HowMew[ハウミュー]

G512 ロジクール

💢 そして新作のRomer-G Linearは,クリック感がなく,キーを押下するほど押下に必要な力も強くなる仕組みだ。

試しにF1の所をクリックしてみたらプルダウンメニューが出た!!!。

【Logicool『G512』レビュー】リニアキーは打鍵感最高のキーボード

G512 ロジクール

🤣 製品名(日本語):ロジクール G512 CARBON RGB メカニカル ゲーミング キーボード(タクタイル)• 相当ですので、実際には青・赤・茶軸ではありません。

14
どのような仕上がりになっているか見ていこう。 G512の機能と拡張性 [Fn]キーと組み合わせて追加機能を利用できるキーはキャップの手前側にアイコンがあり,LEDイルミネーションで識別できるようになっている できる限りシンプルに,スマートにといった印象を外観から受けるG512だが,機能面でも同様のようだ。

ロジクール「G512」を “はじめてのゲーミングキーボード” にしてみたら快適すぎた話

G512 ロジクール

♥ 以下3種類より選択可• また、「」のキーは浮き型(フローティングデザイン)という基本構造。

(ロジクール)• 5 mm 押下圧(g)• GLタクタイル• 一方PRO Xのキースイッチ交換機能はとても便利です。 といったキーボードを激しく連打する音ゲーなどもプレイしていますので純粋にメリットといえます。

「G512」レビュー。赤軸風スイッチ「Romer

G512 ロジクール

♥ GLタクタイル:50g(タクタイル圧 60g)• 1mm程度のアクチュエーションポイント差と、5gほどの押下圧の違いです。

というより「」に限っては特別この専用ソフトウェアで設定せずとも、PCに接続しただけで高いパフォーマンスを出してくれるので、問題ありません。 良く言えばプレイ中の集中力に影響しないと言えますが、じゃあ何の意味がと言われるとなんかカッコいい気がする、雰囲気がいい気がするとしか思いつきません。

3種の軸から選べるメカニカルゲーミングキーボードロジクール『G512』│HowMew[ハウミュー]

G512 ロジクール

⚔ ストークや押下圧が重めという特徴があり、 GAX BLUE Clickyという正式名称からの名の通り所謂『青軸』の様な打感があるようです。

11
デスクトップのごちゃごちゃとした背面が1本分すっきりしますので、うれしいです。

【Logicool『G512』レビュー】リニアキーは打鍵感最高のキーボード

G512 ロジクール

😝 専用ソフトウェアでいろいろカスタム可能• ROMER-G タクタイル• そして何よりも,G512で新たに採用となったRomer-G Linearは,単純な入力速度こそ静電容量無接点方式やメンブレンのキースイッチに劣るかもしれないが,入力速度とミスを避ける安定性の両立という点では秀逸であり,同様の特徴をもつメカニカルキースイッチの中でもとくに優れた特性を示している。 GX Brown:茶軸相当• ゲームプレイへの強いこだわりがなければ、どちらを選んでも失敗はないだろう。 それでいて途中からカックンと、スイッチ感のないタイプです。

4
G512のおすすめポイント タイピングが楽しくなる まずは打鍵感ですね。 同じく「GX Red(リニア)」も、「GX Brown(タクタイル)」からスイッチ間だけを取り除いたようなスイッチです。

ロジクール「G512」を “はじめてのゲーミングキーボード” にしてみたら快適すぎた話

G512 ロジクール

☮ (ロジクール)• 一方のRomer-G Tactileが示した平均遅延のスコアは,同じキースイッチを採用するG810や「」と変わらない。 多くのゲーミングキーボードに備えられたバックライト機能は評価が分かれる部分のようだが、筆者にはとても助かる機能だった。

2
メカニカル方式• 結果としてCherry MX Red RGBは相対的にミスの多くなるメカニカルキースイッチとなったが,アクチュエーションポイントを若干深くしてあるRomer-G Linearでは,キーストロークとのバランスがよりよくなったのだろう。 というわけでテストだ。

「G512」レビュー。赤軸風スイッチ「Romer

G512 ロジクール

📲 本体正面向かって右奥にType-AのUSBスルーポートを搭載。 わざわざ遠く離れたPC本体に接続するのも結構な手間ですからね。 LogicoolGキーボードにはおなじみのUSBポートもついております!こちらのUSBポートは充電専用ではなく、きちんとデバイスの認識もされます。

1
まとめ + スタイリッシュなデザイン。