アマテラス の 暗号。 伊勢谷武『アマテラスの暗号(廣済堂出版)』あらすじと感想!ついに書籍化

【書評】アマテラスの暗号:日本の神道とユダヤ教にまつわる歴史ミステリー│一生わくわくしていたい

暗号 アマテラス の

😙 この仮説を立証するにあたり、神様の名前を様々な方法で解析していきます。 もし可能であれば、この感想をアマゾンのレビューでも投稿いただけませんでしょうか。 アマテラスと同じくらい 大事に祀られているのは アマテラスの食事のお世話をする といわれる豊受の神なのです。

7
感想(ネタバレなし) ネタバレになっちゃうようなことは書きませんが、 日本の神道とユダヤ教の関連についてが、かなり詳細に話の随所に出てきます。

「トンデモ説と思われていたことが世界中で読まれた」ダ・ヴィンチ・コード hayek218さんの映画レビュー(感想・評価)

暗号 アマテラス の

💕 YouTuber世界史講師、茂木 誠先生 駿台予備学校・N 予備校 も大絶賛! 「神道とは何か?」「天皇家の正当性とは?」「日本人はどこから来たのか?」われわれにとってタブーであり続けた古代史究極の謎。 まぁ細かい所は気にせずに読み進めていいシーンなのかもしれません。 っていうか、調べて見ようと思ったことのある人なら分かると思うのですが、日ユ同祖論の肝となる「ユダヤ民族の流入」…それに繋がるかもしれないと言われる時代は、神武天皇時代(神話時代)と古事記編纂時期と少なくとも2つあります。

2
また神武天皇時代は2700年前、そして古事記編纂期は1200年前……どちらの時代も今から見えれば古代ですが、この二つの時代の間に1000年以上の違いがありまして…それゆえ神話や歴史的流れを理解していない中でこの分野に足を突っ込むと、何がなんだか分からない事になりがちです。

【書評】アマテラスの暗号:日本の神道とユダヤ教にまつわる歴史ミステリー│一生わくわくしていたい

暗号 アマテラス の

⚛ 政治的な圧力は日本のみではなく 外国からも受けています。

14
読み進めていくとより 悩むことになるかもしれません、 けど私はこういう解釈も あるのだと感動しました。 「アマテラスの暗号」という小説を読みました。

【書評】アマテラスの暗号:日本の神道とユダヤ教にまつわる歴史ミステリー│一生わくわくしていたい

暗号 アマテラス の

☕ 日本古来の神様方のこと、 イエスキリストのことなどの他に、 伊勢神宮と天皇家の関係など 深い内容が書かれている 歴史ミステリーです。

笑 あともう一点は、ちゃんとした校正が入ってないっぽいことですね。 大袈裟。

「トンデモ説と思われていたことが世界中で読まれた」ダ・ヴィンチ・コード hayek218さんの映画レビュー(感想・評価)

暗号 アマテラス の

☮ ただ、一つ一つの設定がリアルすぎるが故にに違和感を覚えることがあります。 そのことから真相は 日本人の精神文化に大きな影響を 与えるだけに 歴史的に様々な圧力を受けていて 現在も続いているのです。 ですが、は、ここら辺のこともふまえた上でストーリーが展開していくので、初心者に陥りがちな「日ユ同祖論…結局よく分からない」という状況には陥らずに済むかなと思っています。

20
あらすじ 主人公である賢司は日本人の父とアメリカ人の母を持つ男性。

【書評】アマテラスの暗号

暗号 アマテラス の

💔 って一定程度ディスった感じなのですが、「アマテラスの暗号」というタイトルにある通り、日本神話やのルーツの謎などに迫る考察だけを追っていくことに集中すれば、そこそこ面白い。 って一定程度ディスった感じなのですが、「アマテラスの暗号」というタイトルにある通り、日本神話やのルーツの謎などに迫る考察だけを追っていくことに集中すれば、そこそこ面白い。

そのため様々な国をバックボーンに持つ友人の存在が必要だったのかもしれません。

㊌日ユ同祖論に興味を持ったら、読んでみてほしい本…アマテラスの暗号。

暗号 アマテラス の

✇その最高位の伊勢神宮に 祀られている神道の最高神は アマテラスなのです。 ですからオススメの古事記と通史もご紹介しますね。

1
現実の世界ではこれらは一つの説に過ぎませんが、この物語の中ではあたかもこれが真実である読み手が「解釈せざるを得ない」ほど、論理的に矛盾のないストーリーとして組み立てられています。