てん しき。 古典落語転失気のあらすじ 転失気とは医学用語?

古典落語演目「転失気(てんしき)」

しき てん

🙌 わしが教えてやるのはわけはないが、おまえは遊びにばかり気がいって、すぐ忘れてしまう。 中国医学書の最古のもの。

12
転失気しないのは、下さないよう注意せよ。

古典落語転失気のあらすじ 転失気とは医学用語?

しき てん

⌛ 寺に帰って「『てんしき』とは『さかずき』のことです」と住職に報告すると、「天に口で呑むで、呑む酒の器、『呑酒器』と書くか」と答えた。 ここでは三つ重ねと言っていますので、大中小の盃を三段に重ねたもの。

15
ラストは独自のものもありますので聞きどころです。

転失気

しき てん

🤘 もし便秘が六七日も続くのには、恐らくは燥屎(乾いた糞塊)があるだろう。 有る方がよろしい」、「先生は呑酒器をお好みですか。

11
「では、それに合わせて薬を調合します」と帰って行ったが、それには住職も心配になってきた。 これは、元の中国で書き間違ったか、あるいは日本での写本の段階で間違ったのか、分かっていない。

第18話 落語「転失気」(てんしき)

しき てん

⌛ ドジョウが踊っ子、みんな隠語で『てんしき』はもっと分からない。

7
「ははは、アレは『放屁』の事だ。

古典落語転失気のあらすじ 転失気とは医学用語?

しき てん

♨ 蓋を取ると臭いませんか」、出てきたのが酒器だったので先生大いに驚いて「少々お尋ねいたします。

5
「そうか、花屋も、住職も知らないのだ。

古典落語演目「転失気(てんしき)」

しき てん

💖 ねじれた、てんしきも有るよ。 でも、この説で言うと、あながち間違えではないことになります。 (丸山清康『全訳傷寒論』) 傷寒論には「反失気」という文字もある。

1
若いこ 二十四孝 にじゅうしこう 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親 天災 どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎 今日も女房と喧嘩をしたよ 天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。