保険 業法。 保険業法(平成7年6月7日法律第105号)

保険業法

業法 保険

🖖 )の数が保険契約者の総数の五分の一を超え、かつ、当該異議を述べた保険契約者の保険契約に係る債権 (保険金請求権等を除く。

(国民生活センター)• )の額に相当する金額として内閣府令で定める金額が保険契約者の当該金額の総額の五分の一を超えるときは、資本金等の額の減少に係る会社法第447条第1項 (資本金の額の減少)又は第448条第1項 (準備金の額の減少)の決議は、効力を有しない。

日本損害保険協会

業法 保険

☘ 具体的には、例えば、以下の ア から ウ のようなことが考えられる。

20
注2 法第300条の2に規定する特定保険契約(以下、「特定保険契約」という。

保険法とは?|わかりやすくFP解説

業法 保険

♥ ウ. 規則第227条の2第7項第1号イに規定される保険契約とは、例えば、世帯主が家族に対して保険をかけたうえで、保険料は世帯主が負担する場合や、法人がその被用者を被保険者として保険契約を締結する場合であって保険料を当該法人自身が負担する場合などが考えられる。

2 会社法第401条第2項から第4項まで (委員の解職等)、第868条第1項 (非訟事件の管轄)、第870条第1項 (第1号に係る部分に限る。 (金融庁)• (平成二十九年内閣府令第五十一号)• )を除く。

改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?

業法 保険

⚡ 平成20年6月6日 法律第57号 保険法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律• 保険金等を支払わない場合が通例でないときは、特に記載すること。

8
b. 会社法に基づく会計監査人による監査• ウ. 保険契約の申込の受領• 次条第4項及び第312条第5項において同じ。

ファイナンシャルプランナーへ生命保険相談と生命保険見直しと比較

業法 保険

♥ 注 明確に被保険者に保険料負担を求めるものではないが、物品等の通常販売価格及び市場価格との比較並びに保険給付のために必要な保険料の額が物品等の価格に占める割合などから、被保険者が負担する実質的な保険料があると解される場合があることに留意する必要がある。 第4目 補償対象保険金の支払に係る資金援助• )を社員総会の目的とすることを請求することができる。 )と顧客に対して注意喚起すべき情報(以下、「注意喚起情報」という。

9
保険金額が目的物の価額を超える部分の契約でも、契約者が超過保険であることを理解しているなどの一定の場合に契約が有効(近々予定している増改築後の金額で契約する等)となりました。 平成30年3月31日 法律第10号 保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律• )」と、「創立総会」とあるのは「創立総会(同法第30条の8第1項に規定する創立総会をいう。

改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?

業法 保険

🤙 ア 当該情報が「契約概要」であること。 第三編 保険募集• ) (即時抗告)、第872条の2 (抗告状の写しの送付等)、第873条本文 (原裁判の執行停止)、第875条 (非訟事件手続法の規定の適用除外)及び第876条 (最高裁判所規則)の規定はこの項において準用する同法第413条第3項 (同条第4項において準用する場合を含む。

17
)については、直ちに募集規制が適用されるものではない。 第8目 合併後の公告等• 第一款 保険契約者保護機構• 第2編 保険会社等 第1章 通則• 銀行法施行規則等の一部を改正する内閣府令• R02. 第2款 相互会社から株式会社への組織変更• )」と、「設立時監査役」とあるのは「設立時監査役(同法第30条の10第1項に規定する設立時監査役をいう。

改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?

業法 保険

🐾 第10目 雑則• 16 「Reporting on Controls at a Service Organization」(米国公認会計士協会)、International Standard on Assurance Engagements ISAE No. )である場合を除き」と、「監査等委員会設置会社」とあるのは「監査等委員会設置会社(同法第30条の10第2項に規定する監査等委員会設置会社をいう。 2以上の所属保険会社を有する生命保険募集人については、所属保険会社間の不当な乗換募集の防止、顧客情報の管理等についての措置を講じているか。 当該提案の理由(推奨理由) 推奨理由を説明することは、保険募集人から顧客への商品選択上のアドバイスを指します。

18
)に基金 (第56条の基金償却積立金を含む。 イ 複数の既契約を一の新契約にする場合等既契約及び新契約の契約内容やシステム上の問題等により、記載項目毎に対比して記載(上記ア.をいう。

保険業法|条文|法令リード

業法 保険

📲 第二節 事業の譲渡又は譲受け(第百四十二条・第百四十三条)• 平成14年6月12日 法律第65号 証券決済制度等の改革による証券市場の整備のための関係法律の整備等に関する法律• 第2目 会員• )に」と、「株主総会(取締役会設置会社にあっては、取締役会)」とあるのは「取締役会」と、同条第2項第2号中「第423条第1項」とあるのは「保険業法第53条の33第1項」と、同条第4項中「取締役会設置会社においては、補償契約」とあるのは「補償契約」と、同条第6項中「第356条第1項及び第365条第2項(これらの規定を第419条第2項において準用する場合を含む。 第二款 業務及び子会社(第二百七十一条の二十一・第二百七十一条の二十二)• 第6目 監査役及び監査役会• イ. コールセンターのオペレーターが行う、事務的な連絡の受付や事務手続き等についての説明• この場合において、これらの規定中「第423条第1項」とあるのは「保険業法第53条の33第1項」と、「第424条」とあるのは「保険業法第53条の34」と、同法第425条第1項中「(株式会社に最終完全親会社等(第847条の3第1項に規定する最終完全親会社等をいう。 ア 特定保険募集人等の挙績状況、保険契約の継続状況等の常時把握可能な管理を行う。

9
6 会社法第67条 (創立総会の招集の決定)、第68条 (第2項各号を除く。 典型的に想定するのは、「意向把握型(基本型)」は 来店型乗合代理店のケース、「意向推定型」は 生命保険の訪問型営業職員のケース、「損保型」は 損害保険代理店が損害保険商品を販売するケースです。

保険について:金融庁

業法 保険

✇ また、「保険会社に対する監督」と「保険募集に対する監督」の両面について規定しています。 )がある場合において、当該責任が特定責任(第847条の3第4項に規定する特定責任をいう。 ) (監査役設置会社と取締役との間の訴えにおける会社の代表等)、第387条 (監査役の報酬等)及び第388条 (費用等の請求)の規定は、相互会社の監査役について準用する。

6
この場合において、同法第828条第2項第1号中「株主等(株主、取締役又は清算人(監査役設置会社にあっては株主、取締役、監査役又は清算人、指名委員会等設置会社にあっては株主、取締役、執行役又は清算人)をいう。 )の規定による許可の申立てについて、それぞれ準用する。